神戸クリニックの無料説明会に参加

管理人が神戸クリニックさんの無料説明会に参加してきました。

無料説明会

説明会日時: 2月28日(土) 11:00〜12:45(受付10:45〜11:00)
場所:渋谷セルリアンタワー東急ホテル B2F 『朝霧』東京(渋谷)

ホテル

JR渋谷駅から徒歩5分です。すごく立派なホテルでの説明会です。
神戸クリニックさん無料説明会といえどの来場者のために凄い『おもてなし』です。
説明会のスケジュールですが約2時間程度です。

第1部
11:05〜レーシックについて(DVD鑑賞)
11:20〜レーシック体験者の声
親会のご案内

第2部
11:35スタッフ・体験談を囲ってのフリートーク 12:15『適応検査』優先枠のご予約 12:45説明会終了

こんな流れです。
それでは、管理人が感じたことを各セクションごとにまとめてみますね!

第1部・レーシックについて

2009年2月25日に銀座眼科さんの『レーシック感染症』の件があり、冒頭で神戸クリニックの惣谷様より説明がありました。

神戸クリニックでは開院以来77,000症例の実績で、院内で感染症が発生したケースないとのことでした!

それはなぜ!?

神戸クリニックはCDCガイドラインの導入による取り組みをしているからです!

(※CDCとは、米国疾病対策センター(CDC:Centers for Disease Control and Prevention)の略で、 このセンターが感染対策に対するガイドラインを作成しています。
このガイドラインは、米国内だけではなく、欧州、日本でも国際基準として、導入がなされています。

実際に神戸クリニックさんで行っている院内感染対策を箇条下記でまとめると
実際には以下の院内感染対策に取り組んでいます。

・オペ室内の環境管理(清掃)
・使用機器の滅菌
・クリニック内の高頻度皮膚接触表面
(検査機器、ドアノブ等)のアルコール消毒
・スタッフ、出入り業者への手指消毒の徹底
・ペーパータオルの導入
・採血時グローブの着用
・安全装置付き採血針の導入
・アルコール綿の単包化の導入

などで対応しており今までに院内感染は0件ですという
非常にわかりやすい説明でした。

ちょうど、タイムリーな話題でもあり、非常に参考になりました
来場者の皆さんも納得していました。
どうしても、費用等などに目がいってしまいますが
やはり自分の眼のことですからね!
こういう説明会に力を入れているところが神戸クリニックさんの選ばれる理由の一つなんだと確信しました。

第1部・レーシック体験者の声

ここでは実際に神戸クリニックさんでレーシック(iLASIK)を受けた方が体験談を語ってくれました。

体験者の簡単なプロフィール

名前:Tさん 性別:女性
年齢:50代
職業:専業主婦
趣味:スポーツが好き
術前視力:右・0.08 左・0.1(2008/2/27測定)
術後視力:右・1.2 左・1.2(2009/2/28測定)

レーシックを知る前はメガネとコンタクトを併用(50:50)の割合で使用していたようです。 煩わしい・不満な点が4点あったそうです。
1.タンパク質が多いため、コンタクトだとすぐに乾いてします。
2.One Dayコンタクトのためコストがかかり、使うのがもったいないと感じてしまう。
3.スポーツが好きなのでサングラスができない。
4.映画館では、字幕の関係上前の席でしか見れないなどなど

レーシックを知ったきっかけ

信頼できる、スポーツ好きの友人が神戸クリニックでiLASIKを受けたことを知り、その女性の体験談を聞き、ご主人と一緒にiLASIKを受けることを決める。
他のクリニックは調査しなかったみたいです。理由は
信頼できる友人がiLASIKを受け神戸クリニックさんの対応をを絶賛していたから というものでした。やはり、信頼できる友人、知人の言葉に勝るものはないともおっしゃっていました。

手術中

クリニックに入る前に緊張したそうですが、クリニックでのカウンセラーさんの言葉で安心したそうです。
痛みとかの恐怖感があったそうですが
手術自体は15分程度で終了するみたいです。
手術中、手を握り声をかけてくれるのですごい安心だった・心強かった
そうです。実は神戸クリニックさんでは、手術中に手を握り、声をかけてくれる専任のスタッフがいるそうです。
神戸クリニックさんの目指す『おもてなしの医療』の一つなのですね。感心しました。

手術後

Tさん手術後は翌朝、目が覚めた時から感激で
『壁にかけてある時計の針が見えた時は感激と同時に
家の中の今まで見えなかった汚れが目につくようになったみたいです^^

レーシック・iLASIKをうけて変わったことは
・サングラスをかけれるようになった。
・映画館でどこの席でも気にしないで映画を見れるようになった。
・メガネによる軽い頭痛からの解放
など、今はやってよかったと
逆にやらないとこの感激はわかりませんとも!

やはり、神戸クリニックのスタッフの声も重要ですが、体験者の声に勝るものはないと思いました。 ホント、後悔はないという感じが、楽しそうな感じが言葉から感じられました。

スタッフ・体験談を囲ってのフリートーク

この日は約40名くらい無料説明会に参加している人がいました。
この40名を4つのグループに分けます。
各グループに神戸クリニックのスタッフさんが一人つきます。
円卓で軽食をとりながら、それぞれの疑問点や不安点をスタッフに聞くことができるシステムです。
また、冒頭で感染症などの話をしてくれた、惣谷さんや体験者のTさんも順次参加してくれて質問に答えてくるというものです。

これはかなり良かったです。
一方的に説明されるのでなく、我々の疑問点もしっかり答えてくれる場を設けてくれているので
しかも、少人数にして来場者すべての方が質問しやすいようにセッティングしているので非常に活発な質疑応答になりました。
ホテルのおいしい食事も伴い、『神戸クリニックさんお金かけてるな』と思いました^^

いろいろな質問がでてました。
ひとつひとつにスタッフや惣谷さん、Tさんが答えてくれました。
全部は書ききれないので私が質問したことを紹介しますね。
体験者のTさんに質問したのですが

Q.手術後、目が痛いとか、しみるとかという症状はなかったのですか?

A.ありましたよ!
でも、あらかじめ処方される目薬を射せば症状は落ち着きますよ!
主人も一緒に受けたのですが、主人の方は全くそういう症状はなく平気でしたよ。

という回答です。
手術自体は10分程度で痛みなく終わるみたいなのですが
術後の痛みが気になったので聞いてみました。
術後の痛みやしみる症状は個人差があるようですが
だいたい、皆さんに起こる症状らしいです。
こういうことも隠さず、しっかり説明してくれるので安心です。
事前に知っているか、知らないかでは大きいな違いですからね!

『適応検査』優先枠のご予約

ここでは、無料説明会を聞いた後に無料の適応検査の予約を優先的に入れてもらえる時間です。
神戸クリニックの方がおっしゃっていましたが
『みなさんレーシックを考え実際に適応検査を受けるまで18ヶ月(1年半)悩みます。まずは、レーシック・iLASIKが受けれるかの適応検査を受けてから何でください』
たしかに、できるかできないかもわからず悩むよりまずは適応検査ですね
私も、2009年3月26日に予約を入れてもらいました。

適応検査

無料説明会を終えて

無料説明会を終えて、実際に感じたことは神戸クリニックさんは
『個別の対応をしてくれるクリニックさんだな』と思いました。

説明会の会場や食事もそうですが
『なぜ説明会なのにこんなおもてなしをしてくれるの?』
と最初は感じます。しかし説明会を聞いているうちになるほどとわかってきます。
我々に真剣に向き合ってくれている、向き会いたいというのが伝わってきます。

レーシック・iLASIKに興味がある方や不安がある方は一度足を運んでみることをお勧めします。
あなたの悩んでいることや不安が解消されると思いますよ!
まずは、自分で行動に筒しましょう!

3月26日(木)に適応検査を受けてきますので
今度は、スタッフさんや院内の雰囲気などを体験レポートしますね!