PRK(ピーアールケー)

ここではPRK(ピーアールケー)についてご紹介したいと思います。

PRK(ピーアールケー)のやり方はまずレーザーで角膜上皮を取り除き、近視・乱視・遠視の度数に合わせてレーザーを照射することからスタート。角膜上皮の再生までの間、角膜表面を保護するため、コンタクトレンズを装用することになります。

このコンタクトレンズは、角膜の上皮が再生してくるまで装用しなくてはなりません。期間はおおよそ3日〜1週間程度です。


PRK(ピーアールケー)に向いている人

PRK(ピーアールケー)に向いているのは下記に該当する方です。

・プロブクサーや格闘技などする人

レーシックでは、フラップがずれてしまう可能性がある場合。たとえばプロボクサーや格闘技を行われる方などハードなスポーツを行われる方は、衝撃でフラップがずれてしまうこともあります。

・角膜が足りない人

角膜が足りずレーシックを行うことができない場合。フラップという蓋を作成するために必要な角膜の厚みを確保できない方でもフラップを作成しないPRKでは手術が行える場合がありますから、問い合わせしましょう。

PRK(ピーアールケー)は手術の前に点眼薬で麻酔をします。そのあと角膜の表面から直接レーザーを照射し、保護用のコンタクトをはめるというシンプルな流れになっています。