効果

老眼治療のNearVision CKの効果とリスクについて考えてみましょう。

まずは効果ですが

「老眼鏡をかける恥ずかしさがなくなった」

「老眼鏡を忘れるという心配がない」

「小さな文字が読めるようになった」

「PC操作が以前より簡単になった」

「階段を安心して降りられるようになるようになった」

という声があります。ただし、すべての方が上記の効果を保障されるわけではありません。


リスク

老眼治療のNearVision CKは安全で効果的な治療ですが、他の治療と同様にリスクがあります。ここにいくつかリスクをあげてご紹介しましょう。

・治療直後から1〜2日は、ごろごろ感、異物感、涙眼、乾燥感及び痛みを感じることがある

・治療直後は個人差もありますが、夜間に光がにじんで見えたり、まぶしく感じることがある

・治療後1ヶ月間は特に矯正の効果が強く出ることがあって、左右の見え方の差を感じるケースがある

・まれに乱視が発生することがある

・治療後半年までの間に、当初得られていた近くを見る視力が低下する場合がある

・目の清潔を保てなかった場合に感染症になることもある

ごくまれに治療の効果が感じられないことがあり、効果が得られない場合は老眼鏡が必要になることもあります。なお、治療後は元の角膜の状態に戻すことはできません。ですので事前にカウンセラーや医師から治療方法や効果とリスクについて説明を受けましょう。