医療顧問・医療管理アドバイザー制度とは?

医療顧問・医療管理アドバイザー制度とは、質の高い医療サービスの創造を目指し、専門クリニック・大学病院の枠を超えて協議をねるとともに、神戸クリニックの施設で対応できない患者がもしいた場合に、大学病院や総合病院との連携にって最適な医療サービスを提供する取り組みのことを言います。

医療顧問・医療管理アドバイザー制度は、手術後の不安を一つでも多く取り除くという意味で、生涯保障制度(トータルケアサービス)を実現するための制度でもあるといえるでしょう。

医療顧問・医療管理アドバイザー制度の詳細は主に3点です。

・特殊な症例における専門医療機関と連携した医療サービスの提供

・セカンドオピニオンドクターの紹介

・これからの医療のあり方の提言

医療管理の評価に関して言うと、残念ながら内部の人材・組織では限界があるものです。神戸クリニックでは客観的なデータに基づく業務品質水準を維持するために人材教育、業務品質管理、医療実績データ管理の分野において、外部専門家によるアドバイスを積極的に取り入れているのが特徴です。

医療顧問・医療管理アドバイザー制度を取り入れているということは、それだけ患者の気持ちになった医療を行っているということでもあるのです。