レーシック認定制度とは

レーシック認定制度とは、常に最新の医療技術を提供するために設けられた認定医制度のことを言います。認定医の資格を取得するには、レーシック(LASIK)の本場アメリカの第一人者である、アレン・M・バーグ医学博士の下で定期的に研修を行わなくてはなりません。

レーシック(LASIK)の治療には、角膜の構造や眼の病気に関する総合的な知識が必須です。研修ではレーシック(LASIK)に関係する眼科医療の知識を身に付けることが目標です。

またレーシック(LASIK)は最新の医療機器によって行われます。精密機器やデジタルシステムの活用は手術をより安全なものにするために重要です。研修では、こうした最新医療機器を仕組みから理解し、正確な操作技術を身に付けるのですが、これがレーシック認定医制度というわけです。

安全で効果的なレーシック(LASIK)手術のためには、適応検査結果を分析しながらも、治療を受けられるかどうかを的確に判断することが必須となります。研修ではあらゆる条件での詳細な適応判断基準について学び、より安全で安心なレーシック技術を身につけるというわけです。

ほかにも手術後に起こる合併症の発生理由やその回避方法、発症後の最適な治療方法について、アメリカでの事象を元にノウハウと対応方法をこの研修にて学びます。

患者と医者が正しく信頼関係を築き、患者の立場で考えた医療を提供するために、医師はどう行うのがベストなのか。最新医療サービスの実例を紐解きながら、この課題について学ぶのも、レーシック認定制度に含まれています。