カウンセリングポリシー

神戸クリニックでは適応検査の際に、視力矯正手術についての不安・疑問に対して行うカウンセリングの時間があります。これがカウンセリングポリシーです。眼の手術はとても怖くて不安になってしまいものです。患者が感じている不安や怖さを問診して、解決するためのお手伝いをするものこそカウンセリングポリシーで、これは視力矯正を検討している方には大切な時間だと思います。

カウンセリングポリシーとして手術内容、効果、危険性、その後の予想や治療にかかる費用などについて、十分にかつ、分かりやすく説明することはもちろんです。さらに画一的な一方的な説明ではなく、質問に答えながらアドバイスします。h3カウンセラーの資格

神戸クリニックのカウンセラーは誰もがなれるわけではないこと、ご存じでしょうか。

1.クリニックでの勤続1年以上であること

2.適正のある者をマネージャーが推薦

3.選抜試験に合格した者

だけがカウンセラーの資格を得ることができます。

また、カウンセラーになってからも定期的な講習を受けて、常に最新の医療情報の習得しています。このように、カウンセリングポリシーに重きを置いていますから、困ったことや不安なことがあったらカウンセラーに気軽に相談することをおすすめします。