おもてなしの医療

神戸クリニックが考えるものに、おもてなしの医療があります。具体的には患者の気持ちを汲み取る、細やかな「気づきの医療」を心がけているといった点です。

医師、スタッフのほとんどがレーシック(LASIK)を経験しているなど、常に患者の視点に立った医療サービスを目指しているのが、おもてなしの医療というわけです。

ほかにも患者に対してリラックスもらうための声掛けをはじめ、待ち時間をより短くする工夫など、クリニックではマニュアル化できない細やかな「気づき」を大切にしていると言います。毎月の提案プロジェクトや朝礼では、常にサービス向上についての意見交換と意識統一を行っているので、これもまたおもてなしの医療のひとつではないでしょうか。

患者満足度調査などの各種調査を実施し、サービスの改善に取り組んでいたり、手術後ののどの渇きを癒すためにウォーターサーバーの設置など
患者様の意見を取り入れています。

不安の解消は、医療機関に課せられた使命だと神戸クリニックでは考えています。さまざまなシーンの不安に対応することも、大切なおもてなしだと実践しているわけです。

治療に対する不安をひとつでも多く取り除けるように、有名ホテルでの説明会、メールや電話での問い合わせ窓口など、あらゆる対応をしています。

また、万一夜間に痛みや不具合が生じた場合のために
24時間対応のご相談窓口を開設しているのも特徴です。